≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレゼント

ヤマトの誕生日祝いに、ヤマトの友達小太郎君のお家からプレゼントを頂きました。

プレゼントもらったよ
オヤツのセット、ぬいぐるみ、吸水タオルの詰め合わせ。
実用的かつヤマトの好みバッチリです。

これぼくの?
「クマちゃん、くれるの?くれるよね?」

やった!!
「やったーー!!」

うれし~
何を隠そう、ヤマトはぬいぐるみのたぐいが大好きです。
もらい物はもっと好き。鳴り笛が入っていたら最高。
このクマちゃんはヤマトの好みドストライクでした。

ありがと!
「こたろう君のお姉さん、ありがとう~」

オヤツも大事にあげています。そろそろ在庫補充の時期だったので助かりました(笑)
どうもありがとうございました!

| ヤマト | 19:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマト2歳

ちょっと忙しくて記事が前後してしまいますが、12月1日でヤマトは二歳になりました。

早く遊びたい
誕生日プレゼントはビッグサイズのリスのぬいぐるみ。
梱包をといた瞬間から遊びたくて、ウズウズするのを必死で我慢しています。

これは燃える!
それではどうぞ~。
このオモチャ、ヤマトには大ヒット!

尻尾はカサカサ鳴るし、頭には独特の音がする鳴り笛が入っていて
野性の心がくすぐられるようです。

ごちそう
誕生日の特別メニューはサーモンのテリーヌ。

バースデーケーキ
ケーキはシンプルに二歳を主張してみました。
中の生地はしっとり系のレバー風味です。

今日はトクベツ
テリーヌもケーキも大喜びで食べてくれました。
そうそう、もう噛む心配もなくなったしその足元のキッチンマットもそろそろ交換しないとね。

一歳までのヤマトと二歳になったヤマトでは色々と変わった事があります。
一歳ではできなかったたくさんの事ができるようになりました。

一番の問題とも言えた留守番もできるようになったし、イタズラはほとんどなくなったし、
散歩中にいきなり引っぱったりする事もなくなりました。
一歳頃はまだ突発的な引きが怖くてがっちりリードを握っていたけど、今はユルユルで大丈夫。

お出掛けも喜んでくれるようになったし、そこでどうするべきかがちゃんと分かる
人の気持ちを汲むのが上手な本当にいい子になってくれました。

これからもよろしくね
もう二歳、あっという間に自分の歳を追いこしていくのが頼もしくもあり、寂しくもあり、
一歳の時には感じなかった複雑な気持ちがあります。

毎日を急ぎ足で掛けていくヤマトだけど、これからもゆっくり一緒に過ごしていこうね。
可愛いヤマト、誕生日おめでとう。

| ヤマト | 21:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鐘撞堂山ハイキング・北コース 後編

鐘撞堂山ハイキング、後編です。

楽し~
最後の難関、急な階段を上って山頂を目指します。
人間の方は息もきれぎれ、かなりキツイ登りなのですが、ヤマトはニコニコ楽しそう。

到着!
階段を上りきり、クヌギの林を少し進むと山頂です。
一番長いコースと言っても、ふもとから山頂まで一時間掛からないくらい。

展望台
立派な展望台があったので上からの景色を眺めてみることに。

夕暮れの街並み
寄居、深谷の街並みが見渡せます。条件が良いと東京の方まで見えるらしい。
低山のわりには見晴らしがよく、気軽に来られてなかなか良いところです。

帰ろうよ
ヤマトは景色もそこそこに、すでに先に行く準備をしています。
ん?そのお尻…

ちょうどいい高さ
ちゃっかり腰かけてる! か、かわいい…。

夕闇にとける
今の季節はハイキングには最適。
近場に良いところを見つけた事だし、また来ようね。

| お出かけ | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鐘撞堂山ハイキング・北コース 前編

関東平野にも紅葉の下りてきた頃を見計らって、
寄居町の鐘撞堂山へハイキングに出掛けました。

鐘撞堂山までは車で30分ほど。思い立った時に気軽に行けるのが魅力です。

谷津池
ふもとにある谷津池に移る木々。紅葉はまさに始まったところといった感じ。

警告版
ハイキングコースの入り口にはビオトープが整備されていて、
里山を守ろうという活動が精力的に行われています。

登りやすいね
それではいざ出発。
この日に登ったのは一番距離が長い北コース。緩やかな登りで歩きやすかったです。

小さな秋
足元にも小さな秋みっけ。
たびたび山に来ると植物の名前が気になるようになります。図鑑でも買ってみようかな。

今の声は?
気になる声をキャッチして、意識を集中させています。

気になる
普段あまり見せる事のない真面目な顔。
自然の中では五感をフルに使って、良い刺激になっているようです。

どっちにしよう?
この山はどこもよく整備されていて、時々こんな風に傾斜のきついコース(左)と
楽なコース(右)が選べる分かれ道がありました。

分岐点ではヤマトに「右へ」と「左へ」の指示を出す練習をします。
「ゆっくり」「ちょっと待って」などのコマンドも山では良く聞いてくれるようになりました。
お互いを気にしつつ、ちょうどいいペースで歩く練習の場でもあります。

最後の難関
この急な階段を上ったら、頂上まであと一息。

後編へ続きます。

| お出かけ | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みかん狩り・おまけ

寄居でみかん狩りを済ませた後は、おとなり長瀞に移動してお昼を頂くことに。

ガーデンレストラン
こちらはガーデンレストラン桜ながとろ。
桜並木沿いにある、手入れの行き届いた庭が素敵なレストランです。

いい雰囲気
もちろん犬OK。
テラス席からは庭が見渡せて、ゆったりした雰囲気が良い感じ。

お庭さんぽ
料理が来るまでの待ち時間にちょこっと庭を散策。
犬にとっても飽きが来なくて、景色も楽しめるしおススメです。

道光寺
帰りに長瀞七草寺の一つ、ススキの道光寺に寄って行きました。

黄色のじゅうたん
長瀞は地元より寒いのか、すでにイチョウの紅葉が終わって地面がすごい事に。

お寺を管理している方に「銀杏拾っていかないかい?」なんてお誘いを受けたりして、
ほのぼのした晩秋のひとときを過ごしました。
(ちなみに拾ってくれないと匂いで大変な事になるそうです…。)

晩秋の風
ススキの時期ももう終わり。
来年は七草寺を全部回ってみたいな。

| お出かけ | 01:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。