2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤマト1歳

今日はヤマトの誕生日。
12月初旬頃らしいという事で、いつにしよう?と母に相談したところ
「キリよく1日でいいじゃない」と返され、覚えやすくて良いかなとこの日になりました。

特別なの?
「誕生日ってなに?おいしいの?」
みんなに1日中ベタベタされて、分かっているのかいないのか。

おいしいのもあるよー。
バースデーケーキ
はりきってケーキも作ってみました。
クリームはヨーグルトで、スポンジも砂糖無しのお腹に優しい仕様です。

早くちょうだい
「いいにおい…まだかなまだかな」
作っている間、欲しくてずっと足元をうろちょろしてました。

うまま~
チキンスープと合わせて召し上がれ。
ケーキはこのあと食べやすく小さく切って、残さずきれいにお腹に収まりました。

生後2か月でやって来た当時、3キロちょっとだった体重は15,5キロになり、
色々な事を覚え、すっかり我が家になくてはならない存在になりました。

イタズラ坊主で呪文のように言い聞かせていた「1歳になったら落ち着くから」は…
まさに今日、ロングリードで遊んでいて思いっきり突き飛ばされて転ばされたので
“落ち着きのある大人”には程遠いようです…。

痛くはなかったけれど、あんまり見事に吹っ飛ばされたものだから一瞬茫然、
そのあと吹き出してしまいました。
ヤマトがいなかったら、こんな賑やかで楽しい日々も無かったもんね。

誕生日おめでとう、これからもどうぞよろしく。
スポンサーサイト

| ヤマト | 07:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマトの一年間・1

一歳になった事だし、せっかくなのでヤマトのこれまでをまとめてみようかな、と思います。

画面を通しての出会い
生後約2カ月で兄弟4匹揃って山梨県のスーパーに捨てられていたヤマト(旧名イオ)。
保護されたシーママさんの所で撮られた写真です。撮影日は1月25日となっていました。

シーママさんのブログはヤマトが募集に掛けられる前からたびたび拝見していたのですが、
じつは他に気になっている子がいたんです。
一緒に載っていた子たちが次々と引き取られていくなか、ずっと残っていた女の子。
この子にしよう、明日こそ家族に話そうと思ったその日に決まってしまいました。
まだ新しい出会いは先だよ、ゆっくり待ちなさいと言われたような気分でした。

ほんの2か月ほど前に先代の子を亡くしたばかりで、気持ちだけが先走っていたあの頃。
前の子に申し訳ない思いと、犬なしではいられない思いが入り混じっていました。
そんな時に登場したヤマト。
この儚そうな顔を見て、この子しかいない!と今度は即決でした。

初めましての日
2月6日、ヤマトが家へやって来た日。

シーママさんの所ではたくさんの子犬や猛烈アピールの子が出迎えてくれて、
初めて見たヤマトは控えめでおとなしい印象。
帰りの車内でもとても静かで、ちょっと想像と違ったかも?と思ったくらい。
希望は元気で一緒に駈けまわったり、どこにでも出かけられる子でした。
その心配は杞憂に終わりましたが…。

玄関暮らし
控えめだったヤマトは玄関に繋がれると一転、猛烈に寂し鳴きをするように。
始めは心を鬼にして無視していましたが、何時間たっても鳴きやまない。
当初外飼いを予定していたので家にはあまり上げないつもりが、根負けしました。
2月9日を最後に玄関にベッドを置いた写真が無いので、わりと早く諦めたようです。

思ったより長くなりそうなこのシリーズ、その2に続きます。

| ヤマト | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマトの一年間・2

ヤマトのこれまでを振り返るシリーズ、前後編で終わらせるつもりがなんだか壮大に…。

立ち耳記念日
2月15日、一夜にして耳が立った日。

立ち耳か垂れ耳か半々だろう、立つとしても時間を掛けて立っていくだろうと思っていたら
一晩で変身してくれました。
突然の変化に家族騒然、しばらくは慣れない姿にモヤモヤして過ごしました。

初シャンプー
2月19日、初めてのシャンプー。

来た時からワイルドな香りを漂わせていたのですが、この日とうとう大を踏んづけてしまい
思い切ってシャンプーに挑戦。
手間取らず、意外と気持ち良さそうな姿にこれまたビックリ。
我が家では初めての入浴好きな犬になりました。

ビクビクな散歩
2月21日、近所の公園へ到達。

この頃は散歩に連れ出してもなかなか進まず、抱っこと歩きを繰り返していました。
尻尾もすぐに下がってしまって、物音や犬の鳴き声にとても敏感でした。

どうすればいいの?
2月25日、ロングリード初挑戦。

おっかなびっくり、どうしていいか分からず硬直。
今はロングリードを見ただけで大興奮、こんなこともあったね。

お手できるよ
3月2日、リンゴ好きが発覚。

この頃にはお座りとお手、室内トイレを覚えていました。
呑み込みが早く、頭が良いのかもと思い始めたのもこの頃。
同時にとんでもないイタズラっ子でもありました。

その3に続きます。

| ヤマト | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤマトの一年間・3

ヤマトのこれまでを振り返るシリーズ、その3。
なるべく簡潔に、大きな出来事だけと思ってはいるものの、
写真を見返しているとあれもこれも書きたくなってしまう幸せな悩み。

コーギーっぽい?
3月5日、生後3カ月過ぎ。

ちょっと遠めの公園に初めて出かけ、休憩中の一枚。
この頃は胴長短足でマズルも短く、コーギーが入っているのかな?と思っていました。

雪大好き
3月10日、ヤマトが来てから三度目の雪におおはしゃぎ。

今年はこの辺りにしては珍しく雪がよく降り、ヤマトを迎えに行った日も雪が積もっていました。
途中で寄ったサービスエリアでおいしそうに雪を食べていたっけ。

外見反抗期
3月14日、いよかんと比較。

おでこに謎の白い毛が生え出しました。
今思えば、この辺りを境に産毛が生え替わったのかな。白モヒカンはその副産物?

齧り魔
3月17日、最初のリード噛み切り事件発生。

これ以降、繋がれるのが嫌なとき・反抗したい気分のときなどに
切って自由になる事を覚えてしまいました。一体何本のリードが犠牲になった事か…。

君は何犬?
4月3日(やっと4月!)

産毛が抜け落ち、ツルっとヌルッとした印象に。
一時期おでこにシワがあり、毛並みや尻尾の巻き具合から
もしやバセンジーの血が?とひそかに勘ぐっていた頃。

はじめの数カ月はとにかくあれやこれやと振り回され、外見も目まぐるしく変わり
毎日が驚きと発見の連続で、笑わされたりしつけに行き詰ったり色々ありました。

そろそろスピードアップしたいけれど、まだ先は長そうな予感。その4へ続きます。

| ヤマト | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チビのこと

ヤマトの一年間シリーズの途中ですが、今日だけは別のお話を。

今日、12月6日は先代の犬チビの命日です。
思い出の日々
一年前の午前6時、自分の腕の中で心臓の最後の鼓動が止まった瞬間を
昨日の事のように思い出します。

子犬時代
出会いはある朝のこと、雨戸を開けると、縁側から家の中を覗いていたメスの子犬。
その時点では既に先住犬がいた為、どこかに去るのを待つしかありませんでした。

次に会ったのは数日後、友人が怪我をした犬を保護しているというので見に行ってみると
あの時の子犬がうずくまっていました。
歩けないほど足をやられているらしい、このままでは大変だと家で引き取る事に。

あんな顔
前足と後ろ足を一本ずつ骨折しており、後遺症が残るかもと宣告されたにもかかわらず
すくすくと元気に育ち、足もすっかり良くなりました。

体が小さかったから、名前はチビ。
大人になったらちょっとふっくらして、「チビじゃなくてオデブちゃんね」なんて言われてました。

こんな顔
とても穏やかで、まったく怒ることがなく平和主義な子でした。
穴掘りが得意でしょっちゅう怒られていたけど、人の気持ちをくむのが上手で
他にこれといって手を焼いた覚えもありません。

穏やかな笑顔
ご飯と散歩と日向でのお昼寝と、お腹を撫でてもらうのが大好きだったね。

澄んだ瞳
デジカメで撮った晩年の写真では口周りの毛がすっかり白髪になっていますが、
瞳はいくつになっても綺麗に澄んでいました。

乳ガンが見つかり大きな手術を二度乗り越え、抗ガン治療を頑張っているさなかに
前庭障害を起こし、徐々に衰弱して14歳で亡くなりました。
ガンの肺転移が分かった時点で余命半年とされ、ちょうど半年が経とうとする頃でした。

獣医さんの話では、老犬の前庭障害は痴呆のようなもので寿命とも言えると…。
ガンで苦しまずに旅立つ手段を自分で選んだようにも思えました。
実際、肺転移で呼吸が難しくなるとの見たてでしたが、静かな最期でした。

寝たきりになってからの数カ月、抱っこして一緒に日向ぼっこした時間とぬくもりは
忘れられない大切な宝物です。
ゴムとうし、ニャオンがいたからチビがいなくなってもなんとかやってこられました。
ヤマトが来て寂しくはなくなったけれど、思い出すと今でもやっぱり涙が出ます。

たくさんの思い出をありがとう、いつか会う日までどうか安らかに。

| 思い出 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。