| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏太り

熱気
「今日も暑くなりそう…」

どこか冷たいところ…
「僕もっと涼しいところに引っ越したい」

さすがに6月で39度はないよね。
埼玉は毎日が苦行のようです。

連日の猛暑がこたえてヤマトやゴム、ニャオンは食欲が落ちました。
特にヤマトは、今まで夕ご飯の催促に来ていたのが呼びに行っても来ません。
少し強引に食べさせても半分以上お残し。

ただでさえ泊まりのあとから食欲にムラがあるので、好物を出してみたり試行錯誤しています。

ごちそうさま~
「暑いのとご飯は関係ないでしょ?」

そんななか、ひとりだけ食欲の落ちないうしこ。
落ちるどころか、他の子の食べ残しを片っ端からお腹におさめていくのでむしろ太るくらい。
うしこが食べなくなったら、それは多分地球が危ないレベルです。
スポンサーサイト

| ヤマトと猫たち | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからも

震災から二週間以上が経ちました。
いまだにおさまらない余震や原発など心配事はまだたくさんありますが、
日々の報道を見るにつけ、生きているだけでありがたいということを身に沁みて感じています。

密着
ゴムとうしこは最初の数日間は恐怖でご飯もろくに食べられない状態でしたが、
今は普通の生活に戻ってきました。
それでもやはり余震が来ると怖いようで、そばへ飛んできて助けを求めてきます。
今回の件で触ってあげる時間が増えて、絆が深まったような気もします。

右後方でブレているのは相変わらずのニャオン。
肝の据わった年長さんがいると、ゴムうし姉妹も心強いようです。

前を向いて
ヤマトは揺れに対しては無反応、無関心ですが、人間がピリピリしているのを見て
少し神経質になってしまいました。
人の不安は伝達するというし、気を付けないと。

そしてヤマトですが、この二週間のあいだに病気が見つかってしまいました。
地震が起こる数日前から何かおかしいと感じるところがあり、
病院へ行かなければと思っていた矢先にこの一連の騒動。

色々な事が重なって、本当におかしくなってしまいそうでしたが
詳しい検査の結果、軽度であることが分かり今は経過観察のみで過ごせています。
これについては後ほど記事にまとめるつもりです。

青空
お出かけもしましたよ。

被災地の方に比べるとなんだか平和に暮らしているのが申し訳ないと思ったりもしますが、
結局のところそれが一番なんですよね。
できることをしたら、あとは何事もなく落ち着いて日常を送るだけ。

小さな幸せが続くように、またブログの更新もしていこうかと思います。

| ヤマトと猫たち | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震

東北で起きた地震、すごかったですね。
埼玉北部は5強ほどの揺れでしたが、それでも恐怖を覚えるくらいでした。

我が家はそのとき、母と二人で遅めの昼食を取っているところでした。
家がカタカタと鳴りだし、風かな?なんて言っているうちにどんどん揺れが強くなり
ヤマトを連れて外へ一旦避難。
ヤマトは地震にも全く動揺せず、突然引っぱり出された事に憤慨していました。

しばらく様子を見て室内へ戻り、ヤマトを母に任せて
二階の自室にいるはずの猫達の様子を見に行くと、…ゴムとうしがいない!
ゴムは廊下の突き当たりにある窓辺へ、うしこは一階の鏡台の下へ避難していました。
それぞれ本能で一番安全だと思う場所へ真っ先に逃げたようです。

相当怖かったようで、あちこち物をなぎ倒したあとがあり
一緒に連れて出てあげればよかったと思いました。

変な一日だったよ
自然災害には動じないヤマト。
こういうところは頼りになります。

わたしは平気
地震時、外に出ていたニャオンもすぐに戻って来ました。
ニャオンもあまり気にしていないようです。

まだ揺れてる
一番パニックになったのはうしこ。
余震でガラス戸がキシキシ鳴るたびに驚いて、すっかり腰が引けてしまっています。
夜12時を過ぎても30分置きほどで揺れが来て、今なお落ち着きません。

大丈夫?
そんなうしこを心配そうに見守るゴム。
ゴムも最初は引きつった顔をして逃げ惑っていましたが、
うしこの怖がりようを見て気を強く持っています。

今日は強い余震がなくなるまでリードを付けたヤマトをそばにおき、
猫達もキャリーに入れて一緒の部屋にいました。
普段は一階と二階で別々に暮らしている状態なので、ヤマトは嬉しくて吠えるし
ゴムうしは怒るし途中から地震そっちのけの騒ぎに。

こんなことでみんなを連れて避難できるのか?と心配になりました。
被害はほとんど無かったものの、今後の安全の為にも色々考えなければ。

この地震で脱走・迷子になってしまった犬や猫がたくさんいるそうです。
災害対策は万全に、迷子札や鑑札、フードの備蓄などもお忘れなく。

被災地域の方々に心よりお見舞い申し上げます。

| ヤマトと猫たち | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出会いの季節

一か月ほど前からウチへやって来るようになった、こちらの猫。

新顔
最初は庭を横切るだけだったのでノラかと思っていましたが、よく見ると首輪を付けています。
今どき外飼いは珍しい。近所にできた新興住宅地のお宅の子らしいです。

遊んで
ここ数日ニャオンの事が気になるようで、かなり近くまで寄って来るようになりました。

くっつき虫
ゴロゴロ言いながら後を追ったり、わざと進行方向に立ちふさがって構ってアピールしたり。
まだ若いようで、ニャオンを母猫のように慕っています。

僕のニャオンを…
そんな様子を窓からジトーっと見つめているヤマト。

ずるいんだけど!
「僕のときはすぐに逃げちゃうのに、なんであの子はそばにいても怒られないの?」

だってヤマトはニャオンにガーッって飛びかかるし、毛をパクパクするし、嫌われて当然だよ。
(このニャオンに対する猛烈な好き好き攻撃も、犬の二頭目を迎えようと思った理由の一つ)

もうすぐ14歳になるニャオン。
人間でいえば80歳過ぎのおばあちゃんですが、なぜかみんなに好かれます。
一緒に遊んでくれるわけでもなく、とことんシカトしているだけなのに。

ニャオンはどこか達観しているところがあり、あまり気にはしていないようですが
気苦労が増えやしないかと少し心配でもあります。
それとも多少の刺激がある方が変化があって楽しいかな?

| ヤマトと猫たち | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一年を振り返って

いよいよ2010年も終わり。

ヤマトと一足早く除夜の鐘を叩いて来ました。
小型鐘楼
小さな小さな鐘楼台。叩くと高い澄んだ音がします。

いい音だね
ヤマトと一緒に今年の穢れを払って、来年も健やかに過ごせるようにお祈りしました。

年越しソバ
ヤマト用の年越しソバも作りました。
麺類を食べるのは初めてでしたが、ちゃんと完食してくれて安心して年が越せます。

ヤマトと
去年の今頃は祖母とチビを亡くしてとても落ち込んでいました。
クリスマスもお正月もどんな気持ちで過ごしたか覚えていません。

ヤマトが来てからは、片時も目が離せない日が続き、悲しいと思うヒマもなく
怒ったり笑ったりあっという間の一年間でした。
ヤマト、どうもありがとう。ヤマトがいてくれて本当に良かったよ。

みんなと
ヤマトが来るまでの空っぽの日々を埋めてくれた、ゴムうしニャオンにも感謝。

ブログを通じて知り合った方々、ヤマトと仲良くなってくれたお友達、
今年はたくさんの出会いがありました。
皆様ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

みんなにありがとう
「よいお年を!」

| ヤマトと猫たち | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。